書類による控除額の違い

さて、3つの記帳方法により作成できる書類がそれぞれ異なることは述べました。


  1. 正規の帳簿による方法

    貸借対照表・損益計算書


  2. 簡易帳簿による方法

    損益計算書


  3. 現金主義簡易簿記による方法

    現金式簡易簿記


これらの書類により、受けられる控除額が異なってくるので、注意が必要です。

青色申告によってうけられる控除は65万円10万円の二通りですが、下記用件でそれが決まってきます。

65万円 取引を正規の簿記の原則にしたがって記帳し、期限内に損益計算書と貸借対照表を確定申告書に添付して提出
10万円 上記の65万円の控除を受けない人。現金主義の記帳を選択した人。 貸借対照表を提出しない人。確定申告書を期限内に提出できなかった人。 小規模な不動産の貸付をしている人。

つまり、損益計算書と貸借対照表を作成することが、65万円の控除を受ける要件となっているのです。

自力で作成するのはもちろん良いですが、簿記の知識に自身のない方でも簡単にこれらの書類を作成できるよう、青色申告用の会計ソフトが販売されています。

これらを利用するのもひとつの方法です。

HOME | 青色申告って? | 青色申告と白色申告の違い | 青色申告に必要な書類 | 書類による控除額の違い | 青色申告の手順 | お役立ち会計ソフト | 運営会社情報