青色申告に必要な書類

青色申告を行うためには、帳簿を用意し、それに記帳を行う必要があります。

記帳の仕方は、下記の3つに分けられます。


  1. 正規の簿記による方法
  2. 簡易簿記による方法
  3. 現金主義簡易簿記による方法

それぞれ詳しく見ていきましょう。


  1. 正規の簿記による方法

    日々の取引を継続して正確に計算し、記録する記帳方法です。

    資産や負債などすべての取引を「借方(左側)と貸方(右側)に分けて記帳していくので、貸借対照表と損益計算書を容易に作成できます。

    貸借対照表・損益計算書が作成できます。


  2. 簡易簿記による方法

    日々の取引をその都度関連する帳簿(標準簡易帳簿とよばれる現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳の5冊)に記入し、それぞれの帳簿の集計結果から決算書を作成する方法です。

    損益計算書が作成できます。


  3. 現金主義簡易簿記による方法

    前々年分の所得金額が300万円以下の場合(専従者給与控除前かつ事業所得と不動産所得の合計額で判断)、取引が発生したときに記帳せず、現金の収入、支出があった時点で記帳する方法をとることができる。

    上記@Aに比べて簡単な記帳方法だが、「現金主義による所得計算の特例の適用をを受けることの届出書」を、適用を受けようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後に新たに開業した場合には、開業した日から2月以内)に提出することなどの要件に注意。

    現金式簡易帳簿が作成できます。


それぞれの記帳方法により、作成できる書類が異なります。

この書類の種類により、受けられる控除額がことなります。

HOME | 青色申告って? | 青色申告と白色申告の違い | 青色申告に必要な書類 | 書類による控除額の違い | 青色申告の手順 | お役立ち会計ソフト | 運営会社情報